単身赴任がきっかけで契約したWiMAXについて

単身赴任がきっかけで契約したWiMAXについてご紹介したいと思います。

私は3年前から単身赴任をしていますが、マンションで固定回線インターネットを契約するよりも屋外や自宅に戻る際の移動中を中心にインターネットの利用が多いと考え、固定回線インターネットの契約をしないことにしました。しかしながら、スマートフォンだけではなく、外出用のタブレット端末を所有していましたので何らかのインターネットの接続手段が必要になります。

さらに、動画のストリーミングや音楽のダウンロード、アプリの利用等を考えた際にデータ量の上限は無制限のほうがありがたいのが現実でした。

そこで、いろいろ探した上で見つけたのがWiMAXのモバイルWi-Fiルーターです。

3年前に、データ量の上限なしと言うモバイルWi-FiルーターのプランはWiMAX以外ではなかったと記憶しています。それもたまたまキャンペーンでWi-Fiルーターの本体料金は必要なく、新規契約の手数料の3,000円と毎月の利用料は約4,000円で問題ないと言う事だったので非常にお得な買い物でした。

制限があるとすれば2年間の契約縛りだけです。しかし、この店においても単身赴任が2年以上続く事は確定だったので気にせず契約をすることにしました。

事前に口コミなどで気になっていたのは、屋内でのインターネットの接続や地下でのインターネットの接続がエリア的にWiMAXの仕組みでは難しいと言うことでした。この課題に関しても2週間のお試し利用期間がありましたので、単身赴任先のマンションや通勤の際に利用できるかどうかを確認した上で契約を行うことにしました。確かに地下に関してはWiMAXエリアは厳しいかもしれませんが移動中に関しては多少屋内であっても問題なく利用することができました。

さらに複数回線をWiMAXのモバイルWi-Fiルーターに接続しても問題なくインターネットの通信品質は確保できるので非常にありがたかったです。実際に単身赴任先だけではなく自宅に戻った際にも家族で4回線の同時アクセスを行なって様々な用途でたのしんでいます。

2年間たったときに、通信会社から新たなモバイルWi-Fiルーターへの無料変更の案内が来ましたので2年の契約縛りが終わった後も引き続き新たなモバイルWi-Fiルーターで現在も利用しています。モバイルWi-Fiルーターの小型化やバッテリーの持ちも良くなったのでさらに満足度は増しているのが現場の状況です。

これからも契約を継続していこうと考えています。

WiMAX2+ ギガ放題を利用したメリットデメリット

一人暮らし、20代女子です。私が初めてWiMAX2+に出会ったのは丁度2年前の事です。実家を出て一人暮らしをするようになってから、パソコンを使うのにWi-Fiがあったらなと色々調べ、WiMAX2+にたどり着きました。田舎のため、周りにWiMAX2+を利用している人が少なく、初めは心配しましたが、キャッシュバックや特典も色々あり、購入するに至りました。

メリットは、注文してから商品が到着したその日にすぐ利用出来た事です。とてもありがたかったです。また、口コミで言うほど電波が悪いわけでもなく、テレビでユーチューブや映画なども止まる事なく観ることができました。テレビで動画を流しながら、少しスマホをいじるくらいなら全然問題ありません。また、引越しの際にも、住所変更などネットから手続きでき、工事も不要なのでとても簡単に出来ました。

月に平均50ギガ程利用しますが、使い放題なのでとても有り難いです。デメリットはやはり5、6回線接続すると、遅くなる?事です。また、天候によっても雨や雪の日は繋がりにくい感じかします。そして地下や少し山に入ると使えません。知り合いでも家に電波が入らなかったと言う方がいました。街中では全く問題ありません。電波状況をネットで確認できますので、確認してからの購入をお勧めします。

また持ち運びも可能なので、スマホのデータオーバーした際など持ち歩けたり気にせず車でYouTubeを流したりも出来るのでとても重宝しています。まぁやはり2年縛りがあるのでそこはない方がありがたいかな。とも思いました。充電もマイクロUSBなのでとっても便利です。トータルとしては一人暮らしの方にはとても向いてると思います。

ネット回線は費用と速度から選んでいくべき

最近ではiPhoneを中心とするスマートフォンの伸長は大変目覚ましいものがあります。自分の好きな端末を楽しんで使用行っていく事で大変便利で快適なインターネットライフを楽しんでいく事が可能となるのです。自分の好きな場所で簡単にパソコンやタブレットにつなげて快適なインターネット環境を楽しんでいきたいと考える方も大変多いのではないのでしょうか。

スマートフォン等をテザリングと言ってWiFiルーター代わりの使う方も大変多くなっています。家では固定回線で動画等を楽しんでいる方でも外では気軽にインターネットを楽しんでいきたいと考えるのは当然の事です。このような方にとって現代では当たり前のように使用しているこのような機能をふんだんに楽しんでいく事は極めて重要な事となるのです。最近ではスマートフォンと家の固定回線をセットで契約を行っていく事でより安心して自分の好きな環境で素敵なネットライフを安価に楽しんでいく事が可能となるのです。

家では動画やアプリケーションのダウンロードを高速回線を使用して行い、スマートフォンの帯域を上手い節約を行っていき、外出先ではパソコンでの簡単なメールチェックやネットサーフィンをカフェやお気に入りの場所で行っていく事お大変重要な方法となるのです。iPhoneを始めとするスマートフォンはデータ通信の容量を自分で契約時に決めてその後もフレキシブルに変更を行っていく事ができます。いかにして自分のiPhoneのデータ容量を上手く節約を行っていきながら快適なスマートフォンライフを楽しんで行けるかどうかはとても重要な事となるのです。

今後もどんどん多くの快適な使い方や大容量の回線が市場で出てくる中でこのような回線を自分で選んで快適なネットライフを楽しんでいく事はとても重要な事となるのです。いかにして素敵なパソコンライフを満喫していけるかはこのような通信環境選びから始まっていくのです。WiFiルーターに関しても速度制限ありの会社から速度制限のない会社まで大変多くの会社が存在しています。

いかにして自分のニーズに最適な会社を選らんでいけるかどうかは大変重要な事となるのです。普段から自分の目的やニーズに対して適切な回線を選らんでいく事でより安心して素敵な回線を選らんでいく事が可能となるのです。多くの会社の中からベストな選択肢を選らんでいきましょう。金額と速度の関係をきちんと理解する事がとても重要な事となるのです。

格安SIMとWiMAXの組み合わせで安定

家の通信回線とモバイル回線の両方を契約していると合わせて月の出費が一万円を大きくオーバーしていました。固定回線を利用することで家でネットするときは安定していましたし、モバイル回線も3大キャリアにしていましたので利用時に不満はなかったのですがトータルの出費のことを考えると節約がしたいと思って、両方とも別の契約にしました。

まずモバイル回線は今話題のmvno、格安シムにしました。月々の利用料は音声通話込みでなんと千五百円まで減らすことができました。その一方で月の通信容量は3ギガまでに抑えられてしまい、ちょっと不安感が残ります。ついで固定の家のネット回線をWiMAXにしました。家のネットは光回線で月々の四千円強、それがWiMAXにした上でこれも安い契約が可能なところを探すと月々二千三百円のところを見つけて利用することにしました。こちらも通信容量には上限があって、毎月7ギガまで。これは以前の3大キャリアの利用制限量と同じになります。

それまで家では無制限、外出先では7ギガまでの制限のあるネット回線を持っていて、それらに合わせて毎月一万円強の支払いをしていました。これが格安シムと持ち運びできるWiMAXを合わせて家の中外問わず合計10ギガまでの使用量に制限がかかるものの、支払いは毎月四千円+通話料というくらいにまで収まることになりました。

実感として10ギガまでの使用量については日常生活に支障の出るような低容量では決してありませんでした。外出中にYouTubeなどの動画サイトを見ることもなく、家で暇なときに趣味の動画を少し見る程度でしたので、それほど通信量を食うものはありませんでした。外出中はニュース閲覧に加えて幾つかサイトを閲覧する程度でしか使いませんでしたので、前々から7ギガも使い切っていませんでした。

ただしちょっと出張時の移動中などでネットを多く見るときはそれを超えることもあり得たので、そういうときはWiMAXの端末を持ち歩くことにしました。それだけで3ギガの制限に引っかかるリスクはほぼ皆無でした。家の中での7ギガの制限は確かに無制限でないというだけで息苦しく思うところもありましたが、YouTubeを四六時中流すようなヘビーユーザーでもない限りはそこまで使い切ることもなさそうです。

ちょっと重い画像のあるサイトを見ててもその日の使用量は数百メガも行かないことがほとんどで、気にしているほうが精神的な負担が大きいくらいです。持ち運べるメリットのほうがむしろ大きかったように思います。